パチンコ店の経営に欠かすことができない立体駐車場

  • 立体駐車場にはどのような特徴があるか

    • 狭いスペースを有効に活用するために立体的な構造になっている駐車場が立体駐車場です。

      新しい立体駐車場に関してとにかく簡単に調べられます。

      これには大きく分けて自走式と機械式の2種類があり、それぞれで異なる特徴があります。



      導入する際にはどの方式が適しているのか特徴を把握して比較しましょう。

      自走式の立体駐車場は機械を使用せずに自分で運転して駐車スペースに移動させる仕組みになっています。

      そのためのスロープなどが必要になり、駐車場としては大型になります。

      構造としては駐車場専用の建物を用意するもの、商業施設のように建物の上部や地下に駐車場を作るものがあります。
      特殊な装置などは使用しないので利用者が使いやすく、機械のトラブルで困ることもない駐車場ですが、面積当たりの駐車可能台数は少なくなってしまうので、効率面では良くありません。


      機械式の立体駐車場は様々な装置がありますが、基本的な構造としては駐車位置に移動した車を機械で昇降させることで、複数の階層に駐車できるようにしたものです。

      スロープが不要であり、狭いスペースに多くの車を駐車できる効率の高さが特徴となります。



      立体駐車場を利用する目的に適していますが、機械を使用するので不慣れな人にとっては使いにくさを感じます。
      専門の監視員がいない集合住宅に設置する場合、操作ミスや周囲への注意不足で事故が起きることもあるので注意が必要です。

      また、機械を使用するので故障を防ぐために定期的にメンテナンスしなければならず、維持費がかかります。

top